カテゴリー「ごはん」の記事

2009年4月21日 (火)

筍の炊き込みおこわ

           0904200542

 地元太市のたけのこを沢山いただいたので、好評のおこわに。しかも今回は「めんつゆ」が活躍flair。おこわのリクエストたくさんありがとうございましたnote

久々の更新ですみませんsweat01時間作って、がんばって更新しますねupup

<材料:作りやすい分量>←多めに作って、行楽時期のお弁当にお勧めします!

  • 米・・・・・・1合
  • もち米・・・2合
  • 出し昆布・・・5,6cm(キッチンバサミでみじん切り)
  • スライス干し椎茸・・・軽く一つかみ(手で細かくちぎっておく)
  • 筍・・・・・・120g
  • にんじん・・・60g(粗みじん切り)
  • 切干大根・・・10g弱(キッチンバサミで、粗みじん切りに)
  • 油揚げ1/2枚
  • めんつゆ・・・110cc
  • みりん・・・・・大さじ2
  • 塩・・・・・・ひとつまみ
  • ごま油・・・少々

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

  1. 米は合わせて研ぎ、炊飯器に入れておく。
  2. 炊飯ジャーに塩、みりん、めんつゆを入れ、3合の下のラインまで水を加える。(通常もち米を加える時は水の量は減らしますが、今回は乾物が入るため調整は不要ですshine
  3. ジャーに、ちぎった干し椎茸と昆布を入れる。
  4. 鍋にお湯を沸かし、油揚げを湯通ししたらみじん切りにし、筍も同様お湯にくぐらせ穂先はスライス、根元は粗みじん切りにしておく。
  5. さらに切干大根もくぐらせ、水気を絞っておく。
  6. 湯通しした筍は、ごま油でさっと焼き目をつけておくと、仕上がりに香ばしさが加わります。
  7. 炊飯ジャーの中身をざっとかき混ぜ、にんじん、たけのこ、油揚げ、切干大根を加え、普通に炊く。
  8. あれば三つ葉か、塩茹でしたいんげんを散らす。

*ラップでくるんで、きゅっとひねったら・・・食べやすいおにぎりです。バスケットに大量に入れてよく出かけてます。乾物も入るので、栄養価も高くて経済的ですよ。残り物の乾物を探して、挑戦してみてくださいね!

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

これぞ絶品!豚キムチ丼

          0903230042

 カリカリの豚バラ肉から、旨味がたっぷりshineもちろん、ビールにも好相性note

<材料:2人分>

  • 豚バラ肉・・・100g
  • 玉ねぎ・・・・・1/2個
  • もやし・・・・・・100g
  • キムチ・・・・・60g(お好みの量で)
  • 青ネギ・・・・・2本
  • 鶏がらスープ・・・小さじ1(50ccのお湯で溶いておく)
  • しょう油・・・・小さじ1
  • ごま油・・・・・小さじ1
  • ご飯・・・・・・適量

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

  1. 豚バラ肉は3、4cm幅に切り、ごま油をひいたフライパンで、やや弱火で炒めてカリカリにする。
  2. 肉から出てくる脂を捨て、玉ねぎを加え炒める。
  3. もやし、キムチを順に加える。
  4. スープとしょう油で全体をなじませる。
  5. ご飯の上に炒めた豚キムチをのせ、刻んだ青ネギをのせる。

*豚バラ肉は脂がはねるので、十分気をつけましょう! お子様には、ちょっと辛いので注意。「でも食べたい!」と言われたら、炒り卵を混ぜ込むとマイルドになります。

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

恵方巻き

        Ehoroll04_2

 もともと恵方巻きは関西地方の節分行事でしたが、すっかり全国的に定番となりつつありますね。巻き寿司の由来は「福を巻き込む」ことから来ており、切らずに丸かぶりして食べるのは「縁を切らない」という理由があるそうです。

 巻き込む具材は七福神にちなんで7種類使うと、より福が呼び込めるかも!?

今や大人気の調理玩具「ふとまきまっきー」を使って、親子で作ってみるのも!

<材料:4本分>

  • 米・・・・・・・3合
  • 出し昆布・・5,6cm
  • 酒・・・・・・・大さじ2
  • 砂糖・・・・・大さじ5
  • 米酢・・・・・大さじ4
  • 塩・・・・・・・小さじ2
  • 卵・・・・・・・4個
  • めんつゆ・・・・60cc(濃縮タイプ)
  • 煮穴子・・・・・・1枚(うなぎのかば焼きでも:アルミホイルにのせ、みりん少量かけ、グリルで温めるとふっくらします)
  • かんぴょう・・・・約80cm(水でホコリを洗い流したら水気を切り、塩をふって手で軽くもむ。柔らかくなったら水洗いし、熱湯でゆでて完全にもどします。)
  • 干しシイタケ・・・3枚(水で戻す→戻し汁は使います
  • きゅうり・・・・・・1本
  • 桜でんぶ・・・・・お好みの量
  • 高野豆腐・・・・・2個(お湯で戻す)
  • 煮汁(シイタケの戻し汁+だし汁500cc、みりん大さじ2、さとう大さじ3、醤油100cc)
  • 焼きのり・・・・・・4枚

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

  1. 研いだお米は30分ザルに上げ、酒と水を炊飯器の目盛まで入れ、だし昆布を入れて炊く。
  2. ご飯を炊いている間に、鍋に煮汁の材料を入れひと煮立ちさせたら、千切りにした干しシイタケ、水分を軽く絞った高野豆腐とかんぴょうを加え、落としぶたをして10~15分煮たら、そのまま冷ましておく。
  3. 卵を割りほぐし、めんつゆと水60cc加え、出し巻き卵を焼いておく(少し生地が柔らかめです)。
  4. 砂糖、酢、塩はよく混ぜ、炊きあがったご飯(昆布は出してね!)に手早く混ぜる。
  5. きゅうりは縦4つに切る。②のかんぴょうは長さ4等分、高野豆腐も細長く切っておく。
  6. 巻きすの上に海苔を置き、酢飯を海苔の上2cm残し、1/4量を平らにのせる。
  7. 具を中央に並べて置いていく。
  8. 巻きすの手前を持ち、手前の端っこを具の一番上までかぶせる。
  9. グッと力を入れ、具を固定するように押さえたら、後は向こうに転がす。

ランキングに参加しています、1クリックお願いしま~す!

海苔付きはうちだけです。ふとまきまっきー(海苔1帖つき)包装無し 海苔付きはうちだけです。ふとまきまっきー(海苔1帖つき)包装無し

販売元:東京九段 増辰(ますたつ)海苔店
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

牡蠣の炊き込みおこわ

             090125_0322

 今が旬notes この辺りでは赤穂や相生の物が大きくて肉厚note

 生で入れると、とたんに生臭くなりがち。子供って、ちょっとした事で嫌いになるのでポイントを押さえながら作りましょう。

<材料:お米3合分>

  • 牡蠣・・・・・・約120~150g(パック売りで大約1パック、生なら9~10個)
  • お米・・・・・・1合
  • もち米・・・・2合
  • しめじ・・・・・1パック
  • にんじん・・・1/2本
  • 油揚げ・・・・1/4枚
  • みつば・・・・・1把
  • 酒・・・・・・・・大さじ2
  • オイスターソース・・・大さじ1(なければしょうゆ)
  • みりん・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・・・小さじ2/3
  • 鶏がらスープの素・・・・・大さじ1と1/2(ウェイパーなら大さじ1→分量の水を少々取り分け、加熱して溶かしておく)
  • ごま油・・・・・大さじ1
  • 水・・・・・・・・・540cc(牡蠣を炒めた際に出る汁を、分量に合わせること)

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

  1. 米ともち米を一緒にとぎ、ザルに上げて30分おく。
  2. 牡蠣は塩少々(分量外)と適量の酒(分量外)を加え、軽くもんで5分おく。
  3. 流水で牡蠣の汚れを洗い流し、水分をきる。
  4. フライパンを熱し、ごま油大さじ1入れ牡蠣を入れる。酒を振り入れ、蓋をして中火で火を通す。牡蠣と汁を別々に分けておく。
  5. 人参は千切り、しめじは根元を落として、軽く手で裂いておく。
  6. 油揚げは熱湯をかけ、油を抜き千切りにする。
  7. 炊飯器に米、牡蠣の汁を合わせた水、牡蠣、人参、しめじ、油揚げ、調味料を加え、普通どおりに炊き上げる。
  8. ざく切りにした三つ葉を散らして完成。

*牡蠣は一緒に炊くと身が縮みます。私は入れて炊かずに、炊きあがってすぐに身を放りこみ、蒸らします。

また、多めに炊いておにぎりにして冷凍を!!焼きおにぎりが最高です( ´艸`)

ランキングに参加しています、1クリックお願いしま~す!

| | コメント (0) | トラックバック (1)