カテゴリー「デザート」の記事

2010年10月28日 (木)

パンプキンタルト

101023212_3

 ハロウィンパーティーにて出した、

パンプキンタルトのレシピを公開!

続きを読む "パンプキンタルト"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

柔らか杏仁豆腐

1006290082

 夏に向けて、ひんやりスイーツをアップします。

家でよく作るのがコレ。

 最近スーパーにも「杏仁霜」が並んでますので、一度挑戦下さいね!

<材料:100mlのグラスで約7個分>

  • 杏仁霜・・・・・・35g
  • 牛乳・・・・・・・・500ml
  • 生クリーム・・・100ml
  • 無糖練乳・・・・50ml
  • 砂糖・・・・・・・・40g
  • 粉ゼラチン・・・8g
  • アマレットリキュール・・小さじ1(あれば)
  • お好みのフルーツ・・・適量
  • シロップ・・・・・150ml(砂糖と水を同量用意し、レンジにかけて溶かす)

<作り方>*ピンクはお子様もトライ!

  1. 粉ゼラチンは60mlの水でふやかしておく。
  2. 鍋に杏仁霜と砂糖を入れ、泡立て器でよく混ぜる。
  3. 牛乳と練乳、生クリームを順に少しずつ注ぎ入れ、よくかき混ぜる。
  4. やや弱めの中火にかけ、かき混ぜながらよく溶かす。周りがフツフツしてきたら、すぐに火を止める(沸騰させない事)。
  5. ふやかしておいた粉ゼラチンを加え、余熱で溶かす。
  6. 濾し器でこし、ボウルに入れる。
  7. 一回り大きめのボウルに氷水を入れ、濾した杏仁をのボウルを乗せ、かき混ぜながら粗熱を取り、アマレットリキュールを加える。
  8. 少しとろみがついてきたら、グラスに入れ、冷蔵庫で冷やす。
  9. カットしたフルーツと、シロップを添える。

*時間が無い時はゼラチン9gで作ると、早く固まります(わずかに固さは変わります)。

     
二つのブログに参加中♪よろしければ、それぞれに応援クリックお願いします!

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

レシピ検索は、 ファインディッシュ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

紫蘇シロップ

 ブログを通じて出会った素敵な方々が、たくさんいます。
おかげで毎日色んな刺激を受けて、幸せです( ´艸`)

 そんな素敵ブロガーのranranさん、satomi*さん達の刺激で、
”紫蘇ジュース”という、懐かしいおばあちゃんの味を思い出しました。

1007080452

 みなさん、いつもありがとう!

 皆さんのレシピを参考に、おばあちゃんの味を再現。
夏バテにはもってこいの、爽やかなシロップです。

 クラッシュアイスと焼酎、又はウォッカや、ソーダ割り、かき氷、ゼリーなど色々楽しめます。

 <材料>
*赤紫蘇・・・・・300g(大きめの一束・・廃棄率はだいたい20%程度ですので、実際は240g前後 )
*水・・・・・・・・2L
*氷砂糖・・・・300g(きび砂糖も美味しい)
*蜂蜜・・・・・・200g
*レモン・・・・・3個(果汁を絞っておく)

 <作り方>

  1. 紫蘇は葉っぱを手でちぎり、ざっと水洗いしておく。
  2. 鍋に水と①を入れ、強火にかける。
  3. 沸騰したら火を弱め、3分煮る(これ以上煮ると、アクが出てきます)。
  4. 火を止め、葉を取り出す。
  5. 蜂蜜を予熱で溶かしたら、やや弱めの火にかけ砂糖を加え、完全に煮溶かす。
  6. レモン汁を加えたら、火を止め、こし器で濾す。
  7. 5分以上煮沸消毒した瓶に入れて、ひっくり返して冷ます。

*レモンの代わりにリンゴ酢を加えても。最近はクエン酸を少量加えるものも多いです。
砂糖の量は、それぞれのご家庭の味があるかと思います!

1007080372

 この赤紫蘇が、加熱すると一気に色を放出。引き上げると、フツーの青紫蘇に。

もったいないから、乾燥させて粉々にして、焼き塩ふってふりかけに!

1007080462

 この色合いに、アミが釘づけヽ(♡´▽`♡)/

慌てて写真を撮りまくってくれました。

     
二つのブログに参加中♪よろしければ、それぞれに応援クリックお願いします!

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

レシピ検索は、 ファインディッシュ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

苺のマクロビチーズケーキ

1003150242

 普段作るチーズケーキには、

サワークリームを混ぜたりしますが、今回はお豆腐に代えてます。

 キッズレッスンでも大好評だったで、レシピアップしますね!

写真の底の生地は「マリービスケット」、あとオレオも合いますね。

<材料:天板25cm×25cm天板1枚分>

  • クリームチーズ・・・200g(室温に戻しておく)
  • 絹ごし豆腐・・・・・・80g
  • 砂糖・・・・・・・・・・・80g
  • 薄力粉・・・・・・・・・40g(ふるっておく)
  • 卵・・・・・・・・・・・・・2個
  • 卵白・・・・・・・・・・・1個分
  • レモン汁・・・・・・・・大さじ1
  • ビスケット・・・・・・120g
  • 溶かしバター・・・・50g
  • 苺ジャム・・・・・・・大さじ4~5
  • 粉砂糖・・・・・・・・適量
  • お湯・・・・・・・・・・・適量

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

  1. オーブンを160℃に予熱し、お湯(約500cc)を沸かし、耐熱容器に入れ、オーブンの庫内に入れておく。
  2. ビスケットを厚手のビニール袋に入れ、細かくなるまでていねいに砕く。
  3. 溶かしバターを袋に加え、よくなじませたら、オーブンシートを敷いた天板に敷き詰めておく。
  4. クリームチーズと豆腐をフードプロセッサーに入れ、滑らかになるまで混ぜる。
  5. 砂糖、卵、レモン汁を順番に加え、さらによく混ぜる。
  6. 生地をボウルに移し、苺ジャム、薄力粉を加え、サックリ切るように合わせる。
  7. 別のボウルに卵白を入れ、角が立つまで泡立てる。
  8. 生地の中に、泡立てた卵白を2回に分けて加える。
  9. 生地を天板にゆっくりと流し入れたら、オーブンの中段に入れ、30分蒸し焼きにする。
  10. ケーキが冷めたら、カットし、粉砂糖を振る。

*湯煎焼きではなく、軽く蒸気を立てた庫内で焼きあげます。この焼きあがった生地は、取り出してもしぼまないのが特徴。

冷やしても美味しいですが、焼きたてにアイスクリームを添えて食べるのも、変わった楽しみ方です。

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

レシピ検索は、 ファインディッシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

お彼岸

 我が家は二人とも実家が遠いので、お墓参りは出来ません。

代わりにじいじの写真に、おはぎをお供え。

1003230022

 「何でこんな形???」

そんな事言われても・・・

食べやすいんやぁ~(* ̄ー ̄*)

 もうちょっと早く、レシピアップしとけばよかったなぁ。

子供が勝手に作るほど・・めっちゃ簡単なんで、お彼岸以外でも作ってみては?

<材料>6個分

  • ご飯・・・・茶碗3杯
  • 切り餅・・6個
  • 粒あん・・適量
  • 胡麻・・・・大さじ3
  • 砂糖・・・・大さじ1
  • 醤油・・・・1,2滴
  • きな粉・・・大さじ3
  • 砂糖・・・・・大さじ1

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

  1. きな粉と砂糖を合わせ、平らな器に用意。胡麻はフライパンで空煎りし、よくすりつぶして砂糖と醤油を加え、平らな皿に移す
  2. 冷やご飯をラップし、レンジでアツアツに加熱し、濡らしたすり鉢に入れ、すりこぎでたたきつぶす。
  3. 切り餅を適当な大きさに切り、水にくぐらせ、ラップをし、レンジで1~2分加熱。
  4. 柔らかくなった餅をすり鉢に加え(ヤケドに注意)、ごはんと混ざるようによく叩き、こねる。
  5. ご飯を6等分にし、ラップを広げ、粒あんを広げ、ご飯をのせ形を整える。
  6. 他の胡麻や、きな粉も同様に形を作る。

*わざわざもち米を炊かなくても簡単に作れます。元々はストックしてた道明寺粉に水を加え、ラップをかけ、レンジで蒸らし潰してご飯と混ぜたりしてました。

**子供ってお餅好きやから、これなら手軽に作って食べれます。特に胡麻がお勧め!ほんのちょっと加える醤油が、炒った胡麻の香りと合い、かなり美味shine

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

最強コラボのあんぱん

 先日アップした「粒あん」は、naomi先生のパンレッスンに持参。

”あんこ”とはかけ離れた”デカ粒あん”に・・

「ぬれ納豆みたーいcoldsweats02先生もビックリ!

フツーはある程度潰して使います。

 極上のお抹茶がたっぷり入ったパン生地に、

この粒あんを包んでいただきました。

1003180452

 ため息がこぼれそうな程、美しい色の生地shine

二次発酵が済んだ状態、まさに和菓子のようでしたheart04

1003180632

 粒あんパンと一緒に仕込んだのが、”桜あんパン”。

中に”桜あん”がたっぷり入ってますnote

 どちらも・・めっちゃめちゃ繊細で、何とも優しい味わいconfident

1003180572

 こっちはシンプルな”プレーンパン”ですが、

クープ(切れ込み)の上に、有塩バターを乗せて焼きます。

1003180732

 焼きあがると、バターがジュワーって染み込んで・・・

パリッ!!

この音、聞かせたい~~~~( ´艸`)

 最初から最後まで、いっつも興奮ゲージはMAXupupな私です。

 そうそう、お知らせです。

27日(土曜日)予定の「親子食育 メロンパン作り」ですが、

2組キャンセル出ましたよ。

ご希望の親子は早いもの勝ちgood、ご連絡下さいませheart04

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

おばあちゃんの粒あん

0912310052_2

 おばあちゃんから沢山受け継いだ料理の中でも、自慢の一品は「粒あん」です。

 しかも、

粒の一つ一つがプックリして、潰れていないのが特徴。

炊いている時間は長いけど、たまにアクを取るだけで、手間はほとんどかからず。

使用する材料も、ごくわずか。

 間もなくお彼岸・・ 一度作ってみませんか?

お子さんはビックリするほどよく食べますよ!

<材料:粒あん仕上がり 約600g>

  • 小豆(大きめのもの)・・・・250g
  • 砂糖(グラニュー糖)・・・・250g
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約ひとつまみ

<作り方>

  1. 小豆は水で軽く洗う(お米を研ぐような感じ)
  2. 鍋に小豆を入れ、水をかぶるまで加え、強火にかける。
  3. 沸騰したら水をコップ1杯加え、再び沸騰したら火を弱め、時々アクをすくいながら約40分煮る。
  4. 小豆が水を吸い、パンパンに膨らんだら火を止め、煮汁を捨て、大きめのザルにあける。
  5. 腹割れを防ぐために、素早く小豆に水をかける。
  6. そのまま鍋に移し、冷水に1~2分浸し、アクを抜く。
  7. 鍋の水を入れ替え、ひたひたに加え、落とし蓋をして強火にかける。
  8. 沸騰したらすぐ弱火にし、再びアクすくいながら40分煮る。
  9. 指でつまんで潰れるくらいになったら、火を止め、煮汁を捨てる。
  10. 砂糖を加え、余熱で優しく溶かしながら混ぜる。
  11. 中火にかけ、鍋をゆすりながら焦がさないように、水分を煮詰める。
  12. 水分が程良く飛び、艶が出たら、塩を加えて完成。好みの硬さに小豆の粒を潰して下さい。

0912230032

 一番よく使うのが、「丹波大納言小豆」です。

ベタッと潰れにくいし、色ツヤも最高shine。他には「北海道大納言」もお勧め。

 大納言は粒が大きいので、時間がかかりますが、他の豆でも美味しく出来ます。

*砂糖を加えたら、極力いじらないように! また、砂糖は「白ザラメ」を何割か加えると、さらに美味です。

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月31日 (木)

りんご羹

        090105_0132

 おせち料理のデザートとして、我が家の定番の味。柚子と蜂蜜がよく合います。

<材料:20cm四方の型>

  • りんご・・・・・・・2個
  • 柚子・・・・・・・・1個
  • 蜂蜜・・・・・・・・50g
  • グラニュー糖・・100g
  • 粉寒天・・・・・・8g
  • 水・・・・・・・・700cc

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

  1. 鍋に粉寒天と水を入れ、よく混ぜ火にかける。
  2. 沸騰したら火を弱め、約半量になるまで煮詰めたら、グラニュー糖を加え溶かす。
  3. リンゴは8等分のくし形に切り、薄くスライス。→塩水につけておく。           
  4.          20091230143134 
  5. 鍋にリンゴ、柚子のしぼり汁1/2量、蜂蜜を入れ、火にかけ柔らかくなるまで煮る。
  6. 全体がピンク色になったら火を止め、フードプロセッサーまたは裏ごし器でピュレ状にする。
  7.           20091230145844
  8. 寒天液にリンゴを加え、残りの柚子の汁も加えるよく混ざったら型に流し、冷蔵庫で固める。
  9. バットにひっくり返して、好きな型でくり抜く。四角やひし形にカットしても!

*リンゴのスライスは、薄い方が早く火が通るので、お母様が行いましょう。 型抜きはお子様の楽しみの一つです。味見をしながら、思いっきり楽しませてあげて!

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

ティラミス

                 0906060322          

 このティラミスはもちろん子供用のレシピです。最近はノンカフェインのコーヒーやエスプレッソもあるので、ぜひともお試しください。

<材料>

  • マスカルポーネチーズ・・・200g(室温に戻しておく)
  • 生クリーム・・・・・・・・・・・・200cc
  • 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・60g
  • ゼラチン・・・・・・・・・・・・・5g
  • フィンガービスケット・・・10~12枚
  • コーヒー・・・・・・・・・・・・・100~150cc
  • ハチミツ・・・・大さじ1
  • 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1(ハチミツの代わりにシロップ大さじ2でもOK)
  • チョコレートシロップ・・・大さじ1
  • ココア・・・・・・・・・・・・・・・適量

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

  1. 粉ゼラチンを大さじ1の水でふやかしておく。
  2. コーヒーとシロップ、チョコレートシロップを混ぜ合わせ、ビスケットにかけて染み込ませて、型に敷いておく。
  3. ボウルに生クリームと砂糖を入れ、底に氷水を当て、8分立てにしておく。
  4. マスカルポーネチーズを優しく滑らかになるまで混ぜ、ゼラチンを湯煎で溶かし、チーズを大さじ2程加え混ぜる。
  5. ゼラチン液を少しずつチーズに加え、混ぜる。
  6. 生クリームを2回に分け混ぜる。
  7. ビスケットの生地に流しいれ、冷蔵庫で冷やし固める。
  8. 仕上げに茶こしでココアをかける。

*ゼラチンを使うのは、口どけ感を出すため。ふんわり柔らかな食感になります。スプーンですくっても、”ドロ~”ってなりません。

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

マクロビレアチーズケーキ

                0906180062

 これからの季節は冷菓が恋しくなりがちですが、ただの冷菓では栄養も偏りがちdown。今回は材料も植物性にアレンジし、豆腐を加えたヘルシーなレアチーズケーキです。

 お豆腐の味が生きるので、美味しいお豆腐を使ってみてくださいheart02

<材料:直径15cmの底の抜ける型1台分>

  • クリームチーズ・・・200g(室温に戻しておく)
  • 絹ごし豆腐・・・・・・・150g(重石をして30分置き、脱水する)
  • 生クリーム・・・・・・200cc(植物性のもの)
  • レモン・・・・・・・・・1/2個(皮をすりおろし、果汁をしぼっておく)
  • グラニュー糖・・・・83g
  • ゼラチン・・・・・・・・8g(水大さじ1でふやかしておく)
  • オレオクッキー・・・12枚
  • マーガリン・・・・・・10g
  • 牛乳・・・・・・・・・・・大さじ1

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

  1. 厚手のビニール袋にオレオクッキーを入れ、めん棒で叩いて細かく潰す。
  2. マーガリンと牛乳を加え、全体がまとまるまでよく捏ねる。
  3. ケーキ型に敷き詰め、スプーンでしっかり押さえたら、冷凍室で冷やしておく。
  4. 水切りした豆腐は丁寧に裏ごす。
  5. クリームチーズをボウルに入れ柔らかくし、豆腐を少しずつ加え、滑らかになるまでよく混ぜる。
  6. グラニュー糖を少しずつ加え、レモンの皮、果汁も加える。
  7. ふやかしたゼラチンは湯せんで溶かし、⑥を大さじ1加え、手早く混ぜる。
  8. ゼラチン液をボウルに戻し入れ、全体をよく混ぜる。
  9. 生クリームを8分立てにする。
  10. ⑧のチーズを1/4程生クリームに加え、よくなじませたら、生クリームを2回に分けて、チーズに加える。
  11. 冷やしておいた型に流し入れ、1時間冷蔵庫で冷やし固める。

*フードプロセッサーがあれば、④の豆腐の裏ごしもせず、⑧の工程まで一気にできます。 また、小さな型で作ると、切り分けがいらずおもてなし風に。

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)