« 息子の成長 | トップページ | セカンドワインパーティ »

2010年1月21日 (木)

ぶり大根

       1001220262  

 「お願い、これだけはマスターしたいねんbearing」って依頼で個人レクチャーしたのが”ぶり大根”。 しかし、デカいぶりあらや~~shine

 ついでにレシピ載せておきたいと思います。冷まして味を染み込ませたものは、絶品です。でも、匂いで待ちきれへん我が家は冷める前に無くなってますが・・・。

 日本酒と最高に合うわなぁ~~~(* ̄ー ̄*)

<材料:作りやすい量>

  • ぶりのあら・・・・・1尾分
  • 大根・・・・・・・・・・1/2本強
  • 米のとぎ汁・・・・・適量
  • 塩・・・・・・・・・・・・適量
  • 酒・・・・・・・・・・・・300cc
  • 水・・・・・・・・・・・・300cc
  • 砂糖・・・・・・・・・・40g
  • みりん・・・・・・・・・40cc
  • しょうゆ・・・・・・・・60cc
  • おろししょうが・・・小さじ2
  • 刻みネギ・・・・・・・適量

<作り方>*ピンクはお子様がトライ!

1:ぶりのあらは食べやすい大きさに切り、ボウルに入れ、塩をまぶして15~20分置いておく。(臭みが取れ、煮崩れを防いでくれます)

2:大根は厚めに皮をむき、3cm厚さ(お好みで)にカットしたら表面に”×印”に切れ込みを入れる。

3:鍋に米のとぎ汁と大根を入れ、竹串が刺さる柔らかさになるまでゆでる。

4:お湯を沸かし、ぶりにお湯を注ぐ。全体をやさしくかき混ぜたら、今度は冷水に入れ、血やうろこを取り除く。(親子で魚の掃除なんて、いかがでしょうか?)

5:柔らかくなった大根は、鍋ごと流水にかけ、大根に透明感が出るまで水にさらす。

6:鍋にぶりを入れ、分量の水と砂糖を加え、落としぶたをして火にかける。沸騰したら火を少し弱め、8~10分煮て、アクを出し切る。(魚の生臭みが抜けた後に味付けです!)

7:大根と砂糖、みりんを加え、再び8~10分煮る。

8:落としぶたを外ししょうゆを加える。だんだん煮汁が少なくなるので、大きめのスプーンで煮汁をすくっては、大根にかけて煮る。(味見が増えます、注意!)

     1001220112

9:大根にしょうゆの味がからまったら、生姜を加え火を止める。

10:器に盛り、ネギをたっぷり添える。

*お米のとぎ汁の確保を忘れないように!それでも忘れて流してしまったら、研いでいない一つまみのお米を入れて、大根を茹でてみて下さい。

**私は煮魚を作る時は、ザラメを使用。蜂蜜やグラニュー糖などを使っても、上品でクドくない仕上がりに。しかも照りがキレイ!

みなさまいつもご覧いただき、本当に有難うございます(*^_^*)

|

« 息子の成長 | トップページ | セカンドワインパーティ »

肉・魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518683/47358963

この記事へのトラックバック一覧です: ぶり大根:

« 息子の成長 | トップページ | セカンドワインパーティ »